「まつぼっくり」きづき事業所ネットショップ商品案内 その1

「まつぼっくり」きづき事業所ネットショップ商品案内 その1

当事業所のオンラインショップの商品紹介その1です。

自然が作り上げた芸術品「まつぼっくり」のご案内です。

とても面白い形をしています。

ショップはこちらです。https://fwkiduki.thebase.in/

用途

これはもう、造形美を眺めるだけで癒されます。

オブジェとして置いておくだけで、里山のイメージが浮かんできます。

湿ると小さくなりますので、口の小さなビンに入ります。

ビンの中で乾燥すると笠が開き、どうやってビンに入れたのかわからない、不思議なオブジェが出来上がります。

クラフト用素材、子供さんの教育研究用としても重宝します。

マツの生態を知るいい機会になります。

写真タテのフレームにくっつけたり、キャンドル立てにぶら下げたりアイデア次第で楽しいアレンジができます。

クリスマスが近づいてくると、ツリーの枝に添えるだけで気分が高まります。

笠の間にわたぼうしをつけたり、色をぬったりしてオリジナル感とクラフト感を演出できます。

商品

まつぼっくり(アカマツ)

熊本県球磨郡の里山で採取したアカマツのまつぼっくりです。

1セット5個入りです。

海岸に植えられているマツは主にクロマツです。

アカマツは内陸で植林あるいは自生しています。

日本の里山にあるのはほぼアカマツです。

まつぼっくりは2年かけて成熟します。

笠と笠の間に種子ができます。

秋に種子を放出した後もまつぼっくりは枝に留まります。

風が吹いたときに少しづつ地面に落ちてきます。

商品は枝に残ったものではなく、地面へ落ちてきたものです。

道路清掃時に採取しています。

できるだけ状態の良いものをお届けするようにしていますが、多少の不揃い、汚れはご容赦ください。

商品はこちらです。

まつぼっくり(スラッシュマツ)

熊本県球磨郡の里山で採取したまつぼっくりです。

1セット2個での販売となります。

北米原産で成長が早いために、昭和30年〜40年代頃、チップ材用として日本でも植林されました。

昭和50年代以降は植林されず数が減りましたので、大変貴重な素材です。

アカマツの5倍くらい大きいまつぼっくりです。

※ 笠の先ひとつひとつにトゲがあります。そんなに鋭いトゲではありませんが、触るとチクチクします。お子様が遊ばれる際には注意をお願いいたします。

商品はこちらです。

まつぼっくり(たき火用)

まつぼっくりの型崩れ品、欠損品、不揃い品、汚損品です。

1セット30個です。

オブジェやクラフト素材には向いていません。

まつぼっくりには油が含まれており、燃えやすく火力があります。

着火剤代わりに、たき火の焚き付けなどにご利用ください。

※ 火気に十分注意してご使用ください。

※ 生乾きのまつぼっくりを燃やしますと爆発することがございます。雨天などにご使用される際はご注意をお願いいたします。

商品はこちらです。

まとめ

まつぼっくりを眺めると癒されます。これは実体験です。

現在のサラリーマンの職場環境は快適になりましたが、対人的なストレスはたまりやすくなりました。

まつぼっくりをリビングに置いてみてください。

とてもリラックスできます。

私はトイレに置いて、トイレに入るたび眺めています。

子供さんがいらっしゃるのであれば、一緒に工作したりするとプライスレスな思い出になります。

里山を想起させる自然の造形美「まつぼっくり」を是非お試しください。

お知らせカテゴリの最新記事