ふるさと納税 7days 出品事務代行

ふるさと納税 7days 出品事務代行

あなたの農産物や商品、製品をふるさと納税の返礼品として登録しませんか?

ふるさと納税への出品手続きを代行します。

※ 現在のところ「あさぎり町」限定で手続きをお手伝いしています。

きづき事業所の返礼品登録事務代行

ふるさと納税のお礼の品として出品するのは、役所とのやり取りや書類の手続きが面倒と思われていませんか?

当社におまかせください。

あなたの農林産物や商品、製品をふるさと納税のお礼の品 として登録するお手伝いをします。

返礼品発送で増加する、梱包や発送などの手間、人件費も当社へ委託することで軽減できます。

会社情報や商品情報等の書類や登録したい返礼品の写真データなど、申請に必要な書類さえご用意いただければ、7日間で申請手続きは終了です。

認定には申請受理後3〜4週間かかることがあります。

ふるさと納税返礼品の出品条件

返礼品の登録申請代行は、梱包および発送作業を当社へご委託いただけることが前提となります。

それとは別途、市町村の条件を満たす必要があります。

ふるさと納税のサポート企業として認められるには

  • 事業所の所在地や工場、店舗などが当該市町村にあること
  • 税金の滞納がないこと
  • 反社会的勢力とかかわりのないこと
  • 個人情報の取扱いに配慮できること

返礼品には以下の条件があることがあります。

  • 当該市町村のPRにつながる品物やサービスであること
  • 季節限定のものを除き、速やかに商品の発送ができること
  • 数量限定のものを除き、安定的に供給が可能であること

市町村によっては、他にも条件がある場合もございます。

当社までお気軽にお問合せください。

ふるさと納税へ商品を提供するメリット

売上が増えるかも

寄付者に自分の農林産物や商品、製品をお礼の品として選んでもらえると、自治体より代金をいただけます。

当然ですが、定価で販売できます。

商品の宣伝ができる

仮に、自分の 農林産物や商品、製品がお礼の品としてえらばれなかったとしても、残念に思うことはありません。

ふるさとチョイスのサイトでは「提供企業」や「事業者」という感じで、事業所の名前が掲載されます。

全国の多くの人の目に触れる、ふるさとチョイスのサイトで無料で宣伝してもらっているのと同じです。

寄付者に送付されるカタログにも、 事業所の名前が掲載される可能性があります。

ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/?header

リピーター獲得につながるかも

寄付をした人が返礼品に満足すれば、実店舗に買い物に来るようになるかもしれません。

寄付した市町村が、本当のふるさとであれば、帰省するたびにお店に来てくれるリピーターになる可能性もあります。

ネットショップをお持ちであれば、繰返しお買い物をしていただくようになる可能性があります。

当事業所では、群市内のほとんどの市町村で返礼品の出品をしています。

年末調整や確定申告の期末となる年末に近ずくにつれ、ふるさと納税の返礼品の配送量が増えます。

2019年10月の9町村の当社の返礼品発送実績ですが、週に約300個出荷しました。

いまや23百万件、51百億円(平成30年度)が寄付されているふるさと納税

まだまだ、右肩上がりに増加しているようです。

出典:総務省ふるさと納税ポータルサイト

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/archive/

  • ふるさとや応援したい自治体を選んで寄附ができます。
  • 所得税や住民税の還付・控除が受けられます。
  • 地域の名産品など、お礼の品が充実しています。
  • 寄附金の「使い道」が指定できます。

いまや皆様ご存じの、納税しながらお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

確かに市町村の看板を背負って、返礼品となるわけですから責任は重いです。

しかし、しっかりした商品を、通常の商品と同じように出品すれば、 デメリットはメリットに比べたら小さいものです。

しかも、右肩上がりで上がるふるさと納税の受け入れ額を見ると、出品しない手はありません。

お問い合わせはこちらまで。

お知らせカテゴリの最新記事